読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミホイール修理はキャンプで重要です。

キャンプ大好きの清一です。キャンプに欠かせない車のメンテナンス、アルミホイール修理の最新技術を定期的に発行してゆきます。

インチアップされたアルミホイール修理

アルミホイール修理でインチアップされたホイールを補修する場合には、歪みが無いかチェックして貰う事をお勧めします。
タイヤの大きさを変えずに、ホイールのサイズを大きくするインチアップは、元々はブレーキの性能を上げるための空間確保を
目的として考案されたものですが、現在では、多くの場合ドレスアップを目的として利用されるケースが多いようです。

ホイールをインチアップすると見た目に迫力が出ます。その効果を狙ってやる人が多いと思いますが、その際には注意が必要です。
なぜなら、インチアップするとホイールに歪みが発生しやすくなってしまうからです。以前までは気にならなかったような段差でも
少しスピードが乗った状態で乗り上げてしまうと、それだけで簡単に歪んでしまうケースもあります。
ですから、インチアップをした際には、小さな段差にも注意して、スピードを落とす事が大切です。

アルミホイールはメッキやアルマイト、ダイヤモンドカットなど特殊加工が施されたものが高級車の標準装備として装着される機会も増え
メッシュやディッシュといった、様々なデザインのものがあり、ドライバーの見た目を楽しませてくれます。
また、金属調の輝きと呼ばれるハイパーシルバーなどは、車を足元から高級感を演出してくれます。
ドレスアップパーツとして人気の高いアルミホイールですが、その役割はタイヤと共に車を足元から支える最重要保安部品。
人気メーカーなどからは、鋳造よりも軽量で強度の高い鍛造ホイールが販売されており、バネ下を軽量化しハンドル性を向上するという
高い性能を発揮して、レースなどに出場するコアなユーザーから高い支持を得ています。
また、そういった高性能なホイールはナットやボルト、ハブといった周辺パーツにまで、考えられたデザインが施されており
安全性、耐久性、見た目といったアルミホイールに求められる全ての要素を満足させているとも言えます。

アルミホイール修理を自分でやる事は可能か

アルミホイール修理は自分でやる事が出来るのだろうか。それは難しいと言わざるを得ないかも知れません。何故なら、自動車に関する知識や、自動車の整備に関して技術を持っていない方が、一般的には多いからです。

 

以前は、自動車の整備を仕事にしていたという方や、自動車が趣味という方なら、アルミホイール修理を自分でやる事が出来るかも知れません。しかし、自動車にそれほど興味がなく、普段は違う仕事をしているという方は不可能です。

 

アルミホイールはアルミという金属で出来ていますので自動車を修理する専用の工具がなければ修理できません。そういった工具を持っていればよいですが、持っていない方は購入しなければいけません。そういったものは、ホームセンターやカー用品専門店で購入する事が出来ます。

 

アルミホイール修理を専門にやっている業者もあるようです。そういったお店に任せれば安心です。アルミホイールを修理せず放っておくと危険です。道路の状況によっては、交通事故を起こしてしまうかもしれません。そうなってしまっては良くありません。

ポリッシュッ風塗装などアルミホイール修理最新技術

ポリッシュ(ダイヤモンドカット)やアルマイトなど特殊加工を施されたホイールは、現在も修理が難しいと言われています。
メッキなどは、一部の専門店でしか修理する技術はなく、ユーザーにとってはなかなか敷居の高い世界です。
しかし、最近ではポリッシュッ風塗装などアルミホイール修理の新しい技術の開発が進んでおり
少しずつではありますが、ポリッシュなどもリム部分だけでなく、ディスク面も補修も可能になってきているようです。

メッシュやスポーク、フィンなどアルミホイールには様々なデザインがあり、車を足元からドレスアップするパーツとして
大変人気があります。BBSなどの人気ブランドからは、ナットやバルブ、ハブ、ボルトといった細部に至るまで
精巧なデザインを施されたより軽量で強度の高い鍛造ホイールが販売され、通常の鋳造ホイールよりも高価であるにも関わらず
大変な人気を博しています。

しかし、アルミホイールはその役割を考えた時、タイヤと共に車を足元から支える重要な保安部品。
リムに歪みなどが発生してしまいますと、エア漏れの原因になるばかりでなく、ホイールバランスがくるってしまうケースもあります。
バランスが正常値でなくなってしまいますと、ハンドルにブレが生じる場合もありますので、そうした際はスグに修理する事をお勧めします。

ポリッシュなどは、近年特に人気があり、高級車に標準装備されているホイールに使用されるケースが増えてきています。
それに伴い、アルミホイール修理の技術も新しいものが開発され、様々な修理が可能になってきているようです。
以前までは交換するしかないと言われていたキズも、修理が可能になってきている可能性もありますので
アルミホイールにキズが出来てしまった方は、仕方がないと諦めてしまう前に、お近くの店舗に相談してみてはいかがでしょうか?